書籍 / Biophilia.No.0 ばいおふぃりあ 第0候
5ebe003dbd21781ce3c5b0fb 5ebe003dbd21781ce3c5b0fb 5ebe003dbd21781ce3c5b0fb 5ebe003dbd21781ce3c5b0fb

書籍 / Biophilia.No.0 ばいおふぃりあ 第0候

¥1,800 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

The paper version Biophilia No.0 has been completed. It is made refer to the Japanese bookbinding method and the cover is made by Japanese paper which waxed with bees wax.  Biophilia.No.0 紙書籍です。  一冊づつ手作りで作っております。 和紙をミツロウでロウ引きし表紙としました。日本古来の和綴じ(わとじ)本を参考にして、シシ風にアレンジしました。 ロウ引きも手作業で行っております。ロウが濃い所薄いところがあり、全く同じ仕上がりのものはございません。予めご了承くださいます様お願いもうしあげます。 丁寧に扱っていただければ読み繋げていただけると思います。 長い年月ととも趣のある一冊としてご家庭にお招きいただけたら 幸いです。 Biophilia,No.0 / ばいおふぃりあ 第0候  著者 ReikoNishimura 西村玲子 13年にわたる、著者とニホンミツバチと、その周りの小さな生き物や動物たちとの暮らしを綴った物語。 そこから学んだことは、「わたしは何も知らない」ということであった。日本の田舎に生まれ育ち暮らす著者の視点は、誰もが見向きもしなくなってしまった、小さな小さな世界で起こる優しくも厳しく、かわいらしく、淡々とした生き物たちの姿を、素朴に著した一冊である。人間の中にある先天的な、生物や生気に引きつけられる心理的傾向を、著者の言葉として記しながら、あくまでも「素人」というスタンスで、現代の人々の様々な思考に刺激を与えられるかという著者なりの試みでもある。多くの人々が倫理的には良い方向を向きつつも、いったいその「良い方向」がどのあたりの視点で見ているかによって、全く、あるいは少しのズレが生じるのではないかという著者なりの問題提起に挑んだ作品。   A5サイズ / 80p