new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

書籍・ハチのいない蜂飼い

¥1,980 税込

送料についてはこちら

シシ七十二候・西村玲子の著書です。 2020年『Biophilia,No.0 / バイオフィリア第0侯』(私家版)が元となったエッセイ。 ------------------------ 「この人を待っていた。」-養老孟司- 透明感のある文章に魂が洗われる日本版「センス・オブ・ワンダー」誕生! かつてレイチェル・カーソンが「沈黙の春」を予言した。2019年、ミツバチのいない養蜂家になった著者が、ニホンミツバチとの暮らしを軸に、自然と寄り添うべき暮らしの姿を自身を 通して模索する。 郷土の芸能、季節の営みなども織り交ぜた春夏秋冬をめぐる物語的エッセイ。 小さな生きものたちとの暮らしを通じて得た「わたしは何も知らない」とは。 蜂をめぐ る自然と郷土の暮らしの物語。養老孟司氏との対談を収録。 <目次> ○ニホンミツバチの世界 ○春 厳しい越冬/希望と旅立ちの春/ニンホンミツバチが気に入る物件作りと分蜂/ノア ○夏 夏のミツバチ/夏の郡上/美しいワサビ田のお話/お米づくりと昆虫の暮らし/年に一度の採蜜/ミツバチの優れた集団防衛/天敵/ヘボ獲りの話/ニホンミツバチとの 出会い/それぞれの暮らし、生きる姿 ○秋・冬 台風/白鳥神社のお祭り/晩秋のコケ採り/冬のしろとり ○再び、春 ノアとの別れ/それでも春は来る ○セイヨウミツバチとニホンミツバチ ○バイオフィリア対談 養老孟司×西村玲子 自然の力を得て生きる ○養老先生へ ----------------- 著者について 1999年から郡上市白鳥町に小さな洋菓子店を共同経営。2007年よりニホンミツバチとの暮らしを始め、商品の背景、ストーリーを大切にする商品作りに取り組む。 2016年、 自然と寄り添う暮らしを模索するブランド「シシ七十二候」スタート。 白鳥町に暮らし、冬期湛水によるお米作りなど、小さな生き物や土壌細菌、植物プランクトンなどの力によ る農業を試行錯誤しながら、主にその恵みを使った商品をウェブショップなどで展開。 2020年『Biophilia,No.0 / バイオフィリア第0侯』(私家版)を著す。 シシ七十二候 出版社:天夢人 ページ数:128ページ 言語:日本語

セール中のアイテム